FANDOM


パッチ情報  > Game Update 46

<
45
ゲームアップデート46
Gathering Tempest
(2008/6/1導入)
>
47
関連ページ
この基本/拡張セットのカテゴリ
クエスト コレクション
シリーズ アチーブメント
アイテム ゾーン
ロア インスタンス
NPC 重要地点
モンスター 場所発見地点
ネームド ランドマーク
最近の更新

ゲームアップデート46 (2008/6/17導入)

http://eq2players.station.sony.com/news_archive_content.vm?month=062008&id=691 より

ハイライト 編集

  • 『ギャザリングテンペスト』(アップデート46)ではノーラス全土に発生する嵐を調査すべく、フリーポートのアカデミー・オブ・アーケイン・サイエンスとケイノスのコンコーディアムが資源を費やしています。彼らの調査を手伝いたいプレイヤーは、世界中にいるConcordium Pupil Adepts か Academy Apprenticeを見つけてください。
  • 「ボグ・マウンテン」周辺に大きな動きが! ありとあらゆるゴブリン族が、ラニーアイの開放値に続々と集結しています! 高レベルグループの皆さんは、「ラニーアイ:集結」に急行し、ゴブリンの野望を明らかにしてください!
  • 毒アイテムに自動消費のオプションができました。
  • 冒険者が続々発見してくる 立派クロークに刺激され、世のカーペンターの皆さんが、似たような家庭用タペストリのレシピを開発しました。また、ケレティンとマージ・ダルの生産技術にも刺激を受け、数点の新レシピを獲得したようです。

ゲームプレイ 編集

  • ☆ステルスとインビジビリティの呪文は、ダメージを誘発する NPCの バフで打ち消されなくなります。 PvPサーバでも、プレイヤーベースのダメージシールドや それに類似する呪文で、同じ効果が現れます。
  • ☆セイジの Navarius Orvalis と Indis Surionから、新しい本を購入できるようになります。
  • ☆共有バンクのコインを分割できるようになります。
  • ☆銀行のトレーナーは、プレイヤーの銀行スペースが増加された事を知らされています。
  • ☆The Tangrin と Avatar of Growthのエンカウンターに入ったプレイヤーの移動要件は、以前より寛容になりました。

マウント 編集

  • サイのマウントはカメラを上下に動かしません。

ハウス関連 編集

  • ハウスの管財人も、ハウスペットと触れ合えるようになります。

アイテム 編集

  • ☆「悪疫の爪」と「悪疫の拳」は、「 A Prophet Returns 」(GU 45)での活躍を記念するトロフィとして、ハウスに飾れるようになりました。「天の大土」と「天の剣」も同様です。それぞれの詳細説明をチェックし、新しい機能をご確認ください。また、これらの武器(ハウスアイテム版) は、信仰する神に捧げることができます。
  • ☆「猛毒のバトルアックス」は、正しく毒ダメージを与えるようになります。
  • ☆「苦役のイボ」を装備すると、不快な効果が現れるようになります。
  • ☆「レムキットの飛翔のベルト」は、遠隔クラス向けに 性能が微向上しました。
  • ☆「戦王の守りのロングボウ」は、タイプとの一致を図るため、「戦王の守りのショートボウ」に名称変更されました。
  • ☆「ヴェックスソーン」は、パラディンとシャドウナイトにも装備可能になります。
  • ☆書物アイテム「ウー師の教え」は、トレード不可属性になりました。
  • ☆「マグマフィッシュの煮込み汁」消費中も、一部のポーションを飲めるようになります。
  • ☆「血に飢えたチョーカー」は、正しく5%のダメージを与えるようになります。
  • ☆拘束薬(Fettering poison )は、PvP中もキュアできるようになりました。
  • ☆矢/弾のスロットに、再び部分的スタックを入れられるようになります。
  • ☆混乱を回避するため、「忠誠のトークン」の詳細説明が消去されます。装備ボーナスは以前と変わりません。

アチーブメント 編集

  • ☆サモナー
    • 「マジック・リーシュ」でPullする際には、細心の注意が必要になります。

呪文・CA 編集

  • ☆キュア関連
    • チャームされたペットをキュアしても、チャーム効果が消えなくなります。
  • ☆バード
    • バードの全バフが、互いに打ち消し合わなくなります。移動しながらのキャストも可能になりました。
  • ☆コウアーサー
    • コウアーサーのリアクション型呪文は、PvP戦闘でも正しくトリガーするようになります。
    • 「ホステージ」ラインは、 破壊できるオブジェクトにも使えるようになりました。
    • 「ポゼッション」と「パペットマスター」は、破壊できるオブジェクトに使えなくなりました。
  • ☆プレデター
    • 「ストーク」ラインはトグルできなくなりました。
  • ☆スワッシュバックラー
    • 「ハングマン・ヌース」のヒロイックチェイン用アイコンは、同ラインの他アビリティと同じになりました。
    • 他スネアラインと区別しやすくするため、「アンダーカット」のアイコンを変更。
    • 「スライト・オブ・ハンド」の追加発生ヘイトが増えます。

毒アイテム 編集

  • ☆スタックを右クリックして自動消費をONにすると、戦闘中に毒がなくなる心配がなくなります。
  • ☆拘束薬(Fettering poison)は、PvP戦闘中もキュアできるようになります。

生産スキル 編集

  • ☆「魔力が込められた硬石殻の皮製の革弾帯」のレシピが復活します。「ビャクダンの戦棍棒」のレシピで、正しいアイテムができるようになります。
  • ☆「ウェポンスミスの応用」38巻と39巻で フィストラップのレシピが重複していましたが、38巻のものが削除され、39巻だけになります。
  • ☆生産系のジャベリン、無骨な槍( tribal spear )、グレートスピアは、名前負けしない外見になります。
  • ☆生産ファクションの称号は、都市によって取得コストに差がありましたが、より均一に近付きました。
  • ☆レベル40カーペンター用の生産シティタスクは、前より我慢できる(できない?)アイテムが要求されるようになります。
  • ☆ディゾック族に見込まれれば、ウェポンスミス用のレシピ(マウント用のムチ)を提供してもらえるようになりました。
  • ☆アーマラーとテイラーは、レベル40~49帯のすべてのアーマーセットに魔力を込められるようになります。また、同レベル帯で、すべての通常装備スロット用のアーマーセットを生産できるようになります。
  • ☆ショートスピアの外見がやや短くなります。
  • ☆ウッドワーカーが作るワンドが、ワンドらしく見えるようになります。また、ウッドワーカーは、魔力を宿した(magic imbued)」ワンドを再び生産できるようになります。
  • ☆「スレッジハンマー」のレシピは、ユニークなステータスを持つ「スレッジ」に変更されます。既存のスレッジハンマーはなくならず、そのまま残ります。

PVP 編集

  • PvPサーバで、「シュリンク」がまた使えるようになります。従来の、各自がそれぞれのサイズに併せて縮小する方式では問題が起きていたため、新方式では、全員が一律に最小サイズになります。

クエスト 編集

  • ☆「al-Azharの試練」は、レベル60+ のキャラクターが挑戦できるようになります。
  • ☆「Marrに選ばれしもの」を完了済み、もしくはその第1パートを攻略中でも、「魂の牢獄」レイドに入れるようになります。
  • ☆「石の秘密」:第2パートのステージ1(Trakanonを倒した時に入手した…)にて、レイド内の誰かがメダリオンを石にはめれば、全員にアップデートが発生します。
  • ☆イリュージョニストのエピックを終わらせたコウアーサーは、呪文「ルーカン・イリュージョン」による一時的なファクション値変動の影響を受けなくなります。

ゾーン 編集

  • ☆以下のグループインスタンスで、ボスを倒すとステータスポイントを獲得できるようになります。
    • チェルシス
    • チャラシス:乙女の間
    • チャラシス:永眠の蔵
    • 苦悶の地下堂
    • コルカストの宮殿
    • シャード・オブ・フィアー
    • アンレストの館
    • ヴァルドゥーンの地下堂
    • オベリスク・オブ・ブライト
    • アカデチズム
    • コート・オブ・イノベーション
    • 宿命の殿堂
    • デバウアラーの巣
    • 黒鱗のセパルカ
    • グレイトエッグの巣
    • エル・アラドの秘宝庫
    • キャゼルの踊り場
    • スコーンフェザーのとまり木
  • ☆スケイルボーンの聖所
    • 灰色判定のドローグも「聖所の試練の石」をドロップするようになります。
  • ☆シャード・オブ・ヘイト
    • 一部の強敵レイドエンカウンターを倒すと、ステータス報酬を獲得できるようになります。
  • ☆「シスターフッドの眼」は、シャード・オブ・ヘイトの Demetrius Crane からではなく、 Master P`Tasa から入手できるようになります。

UI 編集

☆セミコロン(;)のような文字を含むチャットチャンネルを残せるようになり

  • ☆テキストの影を最適化。クライアント側のパフォーマンスがやや増加します。
  • ☆メインチャットウィンドウの最小幅が、昔の最小幅に戻ります。
  • ☆自分のレベルと比較して、レベルが高すぎるクエストに関しては、NPCの頭の上に羽根アイコンが表示されなくなります。
  • ☆スパム送信を防ぐため、/who コマンドの機能が制限されました。

ローカリゼーション・ノート 編集

  • クエスト「Becoming a Shadow Assailant for Qeynos」の翻訳が未完成となっており、英語表示のみとなっています。翻訳が完了しだい日本語に変更されます。