FANDOM


このページではGFDLの要請を、このウィキでどう扱うかについてのルールを記述します。

ウィキアの著作権にまず目を通しておいてください。

GFDL編集

GFDLとは、コンテンツを他者が複製、改変、再配布を自由に行うことができるというライセンスです。

再利用したコンテンツも同じフリーのライセンスとする必要があります。ウィキアのコンテンツはこの条件の下に永遠にフリーであり、永遠にフリーであることを条件に自由に利用することができます。

ところでGFDLにはいくつかルールがあるのですが、とくに考慮しなければならないのが「履歴の継承」というルールです。

履歴の継承編集

履歴の継承とは、そのコンテンツを編集した著作者のリストを明示することです。GFDLでは「主要な5人の著作者名」をリストアップすることを求めています。

ウィキアでは各ページに「履歴」ページを設けることによって、この要請を満たしています。

しかし他のGFDLライセンスのページからコピーしてきた文章を貼り付ける場合はすこし作業が必要になります。そのコピーしてきた元のページへのリンクを貼ることが必要になります。これをバックリンクといいます。バックリンクを貼ることで、「履歴の継承」を満たすことができます。

コピーのルール編集

ウィキアの他のページ、ウィキペディアなどのGFDLを採用しているページからコピーして貼り付ける場合は、要約欄にコピー元のリンクを記述してください。以下のように記述します。

[[Wikia:ja:Help:目次]]より転記

要約欄は書き直すことができません。したがってリンクが失敗した場合、あるいは書き忘れた場合は、ノートページに「履歴」セクションをつくり、

==履歴==
何年何月何日 [[Wikia:ja:Help:目次]]より一部転記

と記述しておいてください。

ウィキペディアからのコピーの場合は、要約欄に記述がなくても、{{Wikipedia}}テンプレートを使用していれば履歴の継承を満たすことができます。{{Wikipedia}}テンプレートには元記事の履歴ページへのバックリンクがあるからです。

逆に要約欄にバックリンクがあるなら{{Wikipedia}}テンプレートをつける必要はありません。

分割・統合のルール編集

記事を分割、または一部分を転記して新規作成する場合、または複数のページをまとめる時も、要約欄にバックリンクを書くことで履歴の継承を行います。

[[Help:テンプレート]]より一部転記して新規作成

もし書き忘れた場合は、同じくノートページに「履歴」セクションをつくり、

==履歴==
何年何月何日 [[Help:テンプレート]]より一部転記して新規作成

と書いてください。

翻訳のルール編集

英語版記事を翻訳する場合も、要約欄で元記事へのリンクを記述することが望ましいです。

[[:en:Quest]]より翻訳

しかし言語間リンク([[en:Quest]])を貼ればバックリンクは満たされるので、かならずしも必要ではありません。

英語版からの翻訳であるという言及と言語間リンクがあれば履歴の継承は満たされます。

英語版からの翻訳という言及は{{EQ2i}}テンプレートをつけることで簡単にできます。しかしノートページや要約欄に、英語版からの翻訳である旨の記述があれば、{{EQ2i}}テンプレートをつける必要はありません。

関連ページ編集